スマホが壊れた!修理にかかる費用や方法とは


なぜスマホは壊れてしまうのか…

スマートフォンは高額な電子機器です。多数の部品で構成されているので、どれか一つが壊れてしまうということはよくあります。しかしとにかく高価ですから修理して前の様に使えるようにしたいものですよね。
まずスマホで壊れやすい部分・状況としてホームボタンや電源ボタン、画面、カメラ、充電コネクタ、また水没させてしまったということが挙げられるでしょう。これらは経年劣化やうっかりミスで容易に壊れてしまう部分で、多くの人が同じように壊してしまう可能性があり、その分修理対応も可能な部分です。

スマホの種類によって修理の依頼方法・費用が違う

メーカーによっては正規のサービスプロバイダや販売店へ持ち込むか、リペアセンター等へ郵送することで正規に修理を受け付けている場合もあります。スマホの購入時に損傷保険に加入していれば比較的安い金額で修理できることもあるので、一度自分のスマホのメーカーのサイト等を確認してみるとよいでしょう。
こうした修理サービスがない場合、スマホ修理専門業に修理を依頼するか、自分で修理するかどちらかを選ぶことになると思います。自力修理をする場合破損しても自己責任となりますが工具や部品代だけで修理できるのでかかる費用は抑えられます。注意として、正規の修理ではないので今後修理保証がきかなくなる可能性があります。

修理業者に依頼する場合、各業者のHPで修理部位ごとの修理代の目安等が公開されているので、これらを参考にして自身で見積もりを出してみるとおおよその費用がわかります。業者によって得意とするOSや機種があるので事前に確認しておくとよいでしょう。また上位機種・新型機種ほど費用が高くなる傾向もあります。納得して修理するためにも事前調査は必須です。

スマホ修理の京橋店は、声かけや電話などの対応が非常に丁寧な点においても評判を呼んでいます。特にお客様を待たせないよう、配慮する態度に好感を持つ人が多いようです。